TANOSEE スチール台車(折りたたみ式) 300kg荷重 黒【入数:3】 f0357ruld1878-台車、カート

「日日是好日」に続く大好きな大森立嗣監督作ベーシック診察台 BC-ET7050(W70XH50CM) ベーシックシンサツダイ 黄緑(23-6914-06-14)【1台単位】
週末3日間では9086万元(14億5000万円)
「X-MEN」シリーズ第1作と第2作でメガホンをとったブライアン・シンガー監督が
どれだけ負荷がかからなかったか」と自ちょうを交え称えた
昨日21日、大阪地方裁判所1007法廷において、大阪中央郵便局を重要文化財に指定することを求める義務付け訴訟に関して、判決が言い渡されました。 判決は「本件訴えを却下する。」というものでした。我々原告には本件訴えを起こす資格がそもそも備わっていない、というのがその理由です。いわ...
明日、下記の通り、「 旧大阪中央郵便局庁舎を重要文化財に指定することを求める義務付け訴訟」の判決が言い渡されます。大阪中央郵便局はすでに解体され存在しませんが、今後の歴史的建築物の保存につながる判決が出ることを期待して、裁判に臨みたいと思います。判決自体は非常に短い時間で終わりま...
下記の通り、今回の裁判の原告団有志による主催で、シンポジウムが開催されます。 昨日の報告会が平日で参加できなかった方も、是非この機会にご参加いただければと思います。 シンポジウム:「大阪中央郵便局裁判」の意義とは何か? 1939年に竣工したモダニズム建築「大阪中央郵便局」を...
10月24日(水)10:15より、大阪地方裁判所1007法廷において、旧大阪中央郵便局庁舎を重要文化財に指定することを求める義務付け訴訟の第2回弁論が行われました。法廷では原告・被告がそれぞれ提出した書類の確認をし、原告側弁護士から提出書面について簡単な補足説明があり、今後の手続...
「日日是好日」に続く大好きな大森立嗣監督作
◯ 裁判が結審しました() ◯ 大阪中央郵便局を巡る裁判について(3) ◯ 鳩山邦夫衆議院議員の国会質問書 ◯ 大阪中央郵便局を巡る裁判について(2) ◯ 大阪中央郵便局庁舎を巡る裁判について(1) ◯第1回弁論期日の報告会を開催 (2012/08/...
国が重文指定の運用上、所有者の同意を過度に重視していることの証左として、鳩山邦夫議員が国会に提出した「 文化財を保存し後世に伝える必要性に関する質問主意書」と、野田佳彦内閣総理大臣名の答弁書を下記にリンクします。 一覧の395をご覧下さい。 http://www.shugi...
ビール・ストリートの恋人たち : 映画評論・批評
前回に続けて、裁判上の争点の二つ目について書きます。 ○文化財保護法の解釈の問題 重要文化財を規定する法律は文化財保護法です。従って、裁判ではこの法律が主たる論点となります。文化財保護法の目的は、第一条に下記の通り述べられています。 「この...
異世界へと迷い込んだ10歳の少女・千尋(声: ›
シリーズ4作目となる新作「X-MEN: First Class(原題)」の監督として20世紀フォックスと正式に契約を交わしたことが明らかになった 「大阪中央郵便局を守る会」のメンバーでもある専門家5名が6月に裁判を起こしてから、3ヶ月が経ちました。裁判の進行はゆっくりで、今のところ大きな展開はありません。しかしこの間、多くの方から今回の裁判はよくわからない、という指摘をいただきました。そこであらためて、...
他のユーザーは「ピーター・ワトソン」以外にこんな人をCheck-inしています
引出付作業台 タニコー TX-WT-60D W600*D600*H800
誰もやりたがらない「猿の惑星」前章の監督がついに決定か 3 件のコメント:
変えなければならない事、残さなければならない物、もう一度頭の中で整理して考える時だと思う。 良いものをきちんと手入れして、大事に使い続ける事もエコなのではないだろうか? そういう考え方を、未来の大人達にも伝えていきたい。 大阪から・・・・・ 大阪府南河内郡 妹...
人気シリーズ第4弾となる最新作「X-MEN: First Class(原題)」のメガホンをとる予定だったブライアン・シンガー監督が
建築のことはあまりわかりませんが、大阪中央郵便局舎には、今の建物にない落ち着きを感じました。また、不自然さをどこにも感じない普遍性は、時代を超えるに値すると思います。もう二度と同じものに出会えないことは、すごく寂しいです。 大阪市城東区 大林 輝 (8月21日撮影) ...
財政が逼迫している今日、既存の都市ストックの価値を見直し、保存活用を検討することは避けられません。 さらにこの建物は、文化財としての高い価値を有しています。 これからの都市景観や観光都市としての発展を助けるものとして活かしていける手本を、 郵政のような機関が示していくことが重要な...
2012年 8月17日(金)10:15より、大阪地方裁判所の1007法廷において大阪中央郵便局重要文化財指定義務付訴訟の 第1回弁論期日が行われました。 平日にもかかわらず、傍聴席は8割方埋まり、関心の高さを再認識いたしました。ありがとうございます。 最初からわかっていたことです...
愚かな日本人の多くは、モノには『時間』という価値があることを知らないのだろう。 いや、知っていても理解できないのだろう。 新しいものにしか価値判断できない者に 新しい文化的価値を創り出すことは出来ない。僕はそう思います。 兵庫県芦屋市 垣内 純 (8月12日撮影)
、当会は、 裁判の目的・意義を理解するための集会 を開催 しました。 大阪中央郵便局文化財指定 第一回公判(8月17日)に向けて 裁判の目的・意義を理解するための集会
私の中のあなたの予告編・動画「特報」 - 映画 ファサードだけでは歴史の空間を残すことはできません。 町並みが整っていない日本の都市で、歴史の痕跡を残すのなら室内まで含めていただきたい。 残ってることがどれだけ価値のあるものかわかってほしい。 神奈川県横浜市 伊藤 達郎 (8月8日撮影)
建て替えて高層化して収益を上げるならまだしも、テナント需要が見込めない現時点で、取り壊す理由がない。 大阪市福島区 矢部 達也  (8月8日撮影)
母さんがどんなに僕を嫌いでもの予告編・動画「予告編」 - 映画
大阪・梅田の風景が大きく変わっていく中で、大阪中央郵便局は歴史ある建築物として高い価値を持っていると思います。 また商業施設として開発することで小さくなっていくパイを奪い合うよりも、多くの方が活動出来る場所を生み出すことができれば良いと思っています。 解体を取りやめ、現状の建築物...
幼い少女の嘘から大人が追い詰められるそんな話なのですが
コメント

» この記事へのコメントを見る・書く

ルイス・ガスマンの関連作品(海外ドラマ)をもっと見る コメントする
この記事のトラックバックURL

» この記事へのトラックバックを見る

トラックバック